ふたたび、お立寄りめぐり。
今日は、形原のヤマスイさん。

大漁旗がたくさんあって、活気あるお魚屋さんデス。
DSC_1557_convert_20170529210158.jpg
生ガキをその場で、焼いてくれます。
DSC_1555_convert_20170529210143.jpg
待つこと3分。
DSC_1554_convert_20170529210129.jpg
レモンをかけて、頂きました。おいし~♫
DSC_1559_convert_20170529210218.jpg
親切なおばさまが、焼き方も教えてくださり、楽しかったな~。
おいしそうな干物をゲットしました~。
本当に、ありがとうございました。

それから、平原の滝へ行きました。
始めに、「無の里」
古い民家の、無料休憩所です。
DSC_1564_convert_20170529210301.jpg
お抹茶は、¥100か、お菓子付き¥300で頂けます。
なぜか、そこにいた方に、「ようこそ、ようこそ」と大歓迎されました。
帰りに、手を大きく振って、お見送りもしてくれて、
私も、大きな声で、感謝を伝えさせていただきました。
DSC_1565_convert_20170529210315.jpg
そして、滝の方へ向かいます。
DSC_1569_convert_20170529210348.jpg
シダの新芽が淡い緑になっていたのですが、
この構図!この色!すごいな~、自然って!
DSC_1571_convert_20170529210406.jpg
結構な登り道を歩いて、つきました。
平原の滝。
DSC_1574_convert_20170529210444.jpg
ゲンジボタルが見れることでも、有名みたいです。
DSC_1572_convert_20170529210431.jpg

こうして、お立寄りめぐりをして、本当に、よかったな~って思います。
口コミも大事ですが、
自分の目で見て、感じたことや、行ってみないとわからないことや、
出会う方々の思いとか。
いろいろ貴重なことばかりでした。
行ってみたいところが、あと少しあります。
また、行ってきます。

お立寄りできそうなところを、まわってみました。
はじめは、蒲郡海鮮市場。
海産物のお店です。
佐久島のあさりなど、生の魚介類や加工品があって、盛りだくさんです。

それから、岡崎の八丁味噌の工場見学。
八丁とは、距離の単位で、岡崎城から西へ八丁のところにあるので、
八丁味噌となったそうです。
ちなみに、1丁は、約870メートル。
八丁味噌の工場が2軒並んでいますが、
どちらも古い歴史あるお味噌屋さんです。
まずは、カクキュー八丁味噌さん。
DSC_1545_convert_20170526185709.jpg

DSC_1535_convert_20170526185602.jpg
古い建物が残っています。
DSC_1525_convert_20170526185501.jpg
八丁味噌を作る工程を学びます。
DSC_1526_convert_20170526185517.jpg
輸出用のパッケージ。おしゃれ~。
DSC_1533_convert_20170526185533.jpg
静かに熟成されるお味噌。
DSC_1534_convert_20170526185548.jpg
見学の最後に、おみそ汁の試飲と玉こんにゃくの田楽がいただけます。
DSC_1536_convert_20170526185627.jpg
続いて、お隣のまるや八丁味噌さん。
そう!八丁味噌の工場見学のハシゴです(笑)
DSC_1543_convert_20170526191538.jpg

DSC_1542_convert_20170526185657.jpg
こちらは、撮影でも使われたそうです。
樽を縛る「たが」が編める職人さんがいなくなって、
今使っているものが、ダメになってしまうと、
鉄製のものになるそうです。
それに、石を積むのも、ひと樽は、お一人でする作業で、
石の顔を見ながら積んでいくそうです。
一人前になるのに10年かかるそうです。
本当に、貴重なものを頂いているんだな~と思いました。
DSC_1539_convert_20170526185641.jpg
どちらも、見学の記念に、お味噌がいただけました。
どちらも、説明してくださる方の、お味噌への思いや、文化、
お客様を思うお気持ち、が、すごく伝わりました。
お買い物をしていると、「お味噌は、発酵食品で、お肌にもいいし、
腸にもすごくいいんですよ~」と言われ、
すっかり、その気になって、いろいろとゲットしちゃいました~。
楽しいな~、工場見学。
それから、西浦のガン封じ寺へ行きました。
DSC_1553_convert_20170526185804.jpg
木が茂って、気持ちいいです。
中国の塔のような建物もあります。
見学もできるのですが、この日は、もう終わっていて見れませんでした。
後日、改めて行ってきます。
DSC_1548_convert_20170526185722.jpg
蒲郡で一番大きい清田の大クス。
二番目に大きいのが、このガン封じ寺の大クスだそうです。
ちょうど、葉がいきいきする時期で、大きく見えました。
DSC_1552_convert_20170526185737.jpg
お立寄りめぐりは、何だか楽しくて、第二弾も、行こうと思います。
近くなのに、おでかけ気分になり、ワクワクしました🎶

湯谷温泉の駅で、毎月第3日曜日に、「十種の朝座」が開催という
情報をゲットしたので、湯谷から東栄町の日帰りドライブへ行ってきました。
まずは、十種の朝座。
DSC_1467_convert_20170523223456.jpg
カフェにこんさんのお店です。
DSC_1468_convert_20170523223515.jpg
かわいらしいコーヒーミルで豆を挽いてくれます。
DSC_1470_convert_20170523223530.jpg
パンとクッキー。
DSC_1472_convert_20170523223546.jpg
湯谷の駐車場に足湯があります。
43度の天然温泉。すごく気持ちいいです。
DSC_1474_convert_20170523223605.jpg
こんな景色を見ながら、入れます。
でも、私は、気持ちよくて長湯してしまい、少しのぼせてしまいました。
たまに、のぼせる体質みたいで。もっと入っていたかったのに残念。
DSC_1475_convert_20170523223620.jpg
その後、東栄町へゴー!…遠かったな~。
三河のナイアガラと言われる蔦の淵。
DSC_1482_convert_20170523223642.jpg
そして、廃校を利用して活動されてる「のき山学校」
カフェもあります。
DSC_1505_convert_20170523223926.jpg
学校の中。廊下は静かに…
DSC_1485_convert_20170523223658.jpg
教室は、いろいろと使われていて、
ここは、チェーンソーで作られた遊具たち。
DSC_1488_convert_20170523223712.jpg
木の階段。
DSC_1489_convert_20170523223727.jpg
なつかしい机といす。
DSC_1493_convert_20170523223743.jpg
運動場から見た校舎。
DSC_1496_convert_20170523223809.jpg
ヤギの「きん」と「ぎん」
そこにいた男の子が教えてくれました。
「白い方がきん、黒い方がぎん。手を出すとかまれるよ」
DSC_1502.jpg

DSC_1501_convert_20170523223829.jpg
そして、湯谷まで帰って、まつやさんで、ランチ。
おそば&五平餅。
DSC_1511_convert_20170523223943.jpg

DSC_1512_convert_20170523223959.jpg
早起きして出かけて、山の空気を吸って、よかったです。
やっぱり、山が好き。

チームFさんから、耳よりな情報を頂いて(ありがとう!)、行ってきました。
豊田市美術館の東山魁夷先生の唐招提寺御影堂障壁画展。
波の動き。潮の香り。森の静寂。滝の音。そっと照らす月。。。
たましいにひびく。。。
ずっと、そこにたたずんでいたい。。。
そんな気持ちになりました。
それと、「魁夷」を「kaii」って、書くところもいいな~。


DSC_1453_(1)_convert_20170507204624.jpg
レストランが一杯で入れなかったので、お抹茶を頂きました。
DSC_1463_convert_20170507204715.jpg
こんなお庭を見ながら。
DSC_1465_convert_20170507204728.jpg
水琴窟もありました。
DSC_1466_convert_20170507204740.jpg
久しぶりに、五感 + たましいを揺さぶられる1日になりました。



昨日は、予定変更で、アロマの研修会へ行ってきました。
学びがいっぱい。
トリートメントの実習では、心も身体も軽くなりました。
少し課題のお持ち帰りになり、がんばりどころデス。

帰りに、先生のお宅から近くのカフェでランチ。
最近はやりの、パンも厚切り、具だくさんのサンドイッチが食べてみたくて、行きました。
「そうなのね。今どきのサンドイッチ…そうだったのね…」
DSC_1452_convert_20170502192618.jpg

職場の○○桜が満開。
えーと、名前はわかりません。

それと、岩を這うように咲く藤の花も満開。
DSC_1454_convert_20170502192710.jpg